twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目が離せず

yukkie20090222
 
内田博幸騎手「馬のやる気がすごかった」
 

6着ヴァーミリアン(武豊騎手)
 ここ3戦とはペースが違った。本質的にマイルという馬でもないから。
 
冷静になってみれば、ヴァーミリアンもカネヒキリも「マイルがベスト」という馬ではなく、それでなくても7歳馬。一般に高齢馬は極端に速かったり遅かったりするペースのとき、つまりレースの前後半どちらかで「速い脚」を使わされるような展開に弱いのです。さらにはあの馬場。ヴァーミリアンはもっとこう、地方の砂のような重い力の要る馬場が得意であり、逆に今日のような脚抜きの良いスピード馬場は苦手…

 
あの馬場なら、スカーレットが出てたら圧勝したかも(・ω・)
 
なんて、そうなんですよねぇ スカーレットの引退に引きずられていたのは他ならぬワタクシだったのかも? ずーっと「ダイワスカーレット vs ダートのトップホース」という図式で考えてきていたので、そのうちの片方がいなくなったときにどうすればいいのかわからなくなってしまったのかも。あらヤダわ奥さん。
 
蓋を開けてみればエスポワールシチーが「あわや」のシーンをつくるほど、この馬の持ち味を存分に生かしたケレン味のない逃げ。こうなれば出番は芝でも走れるほどの(といってダービーに出たら最下位でしたが(笑)スピードを持つ4歳のツートップでしたね。あぁ 今回に限っていえば、欲に駆られてサクセスブロッケンから入った方がむしろ正解でした(笑
 
さ、切り替えて次はクラシックのトライアルか、宮記念の前哨戦? と、それ以外にも今年はドバイの現地で前哨戦(スーパーサーズデーという、ドバイミーティング本番の全カテゴリーの前哨戦を一挙に開催する日があるらしい)を叩くウオッカらにも注目ですな。
 
あぁ 忙しい忙しい((( ・ω・)

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/1455-22125360

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。