twitter

残された時間

agnestachyon20090623
 
アグネスタキオンが急死
 
なんで…

 
日本競馬界にとって痛恨の極みです。1995~2007年まで13年もの長きに渡り頂点に君臨したサンデーサイレンスの次のリーディングサイアーが、まさかその次の年にいなくなってしまうなんて…
 
現役時代のタキオンの凄さはもう何度か語っていますけど、とにかくラジオたんぱ杯での「光の衝撃」、そしてクラシックへ向けての最重要ステップレースである弥生賞が、他陣営がタキオンのあまりの強さに恐れをなして逃げ出したことにより(当時の中山の極悪馬場を嫌ったという面もあったけど)、たった8頭立てのレースになってしまったことはもはや伝説の域です。
 
皐月賞終了時点での評価は、間違いなくディープインパクトより上。
 
実際のところ僕は同世代のクロフネファンでしたし、種牡馬になってからも最高傑作のダイワスカーレットよりもそのライバルのウオッカの方が好きでした。でも、だからこそタキオンの能力には恐怖すら覚えました。500kgを超える雄大な馬体で、パワーだけでなくあの瞬発力、あのスピード、あの持続力。「タキオンなら世界で勝てる」と本気で思いました。
 
周知の通り、種牡馬になってからもその圧倒的な能力は健在で、サンデーサイレンスがそうであったように母馬の特長を生かしつつ弱点を補強し、きっとこれからはスプリンターからステイヤー、ダートホースまで様々なタイプの一流馬をたくさん輩出することは間違いないだろうと…
 
残念です。本当に残念… ですが競馬界にはこんな格言もあります。
 
「死んだ種牡馬の仔は走る」
 
今さら言うでもないですがディープインパクトの活躍はサンデーサイレンスの死後ですし、海の向こうに目を向ければ「神の馬」ラムタラ(4戦4勝で引退。主な勝ち鞍は英ダービー、「キングジョージ」、凱旋門賞)は最後の英三冠馬・ニジンスキーの忘れ形見です。
 
タキオンの冥福とともに、残された産駒たちの「爆発」を祈ります…

comment

>なんさん
> ジャンポケ
言っちゃあなんですが、トニービンも当時はサンデーの勢いに押されてどうにもならないような状況でしたもんね。ましてやウイニングチケット以来、本当の意味での牡馬の(牝馬はグルーヴがいた)大物は出てなかったわけで… そのトニービンにも当てはまったこの格言は素晴らしい(笑

> 摂理
うーん…
まだまだ血統の袋小路には程遠い状況だったのですけど…

神の悪戯というか(´・ω・)
  • りょ @ 2009-06-24 21:24|
  • edit
トニービン死亡時のジャンポケもそうでしたよね。
残念なニュースでなりません。
サンデーの血が大きくなりすぎてしまった自然界の摂理なのでしょうか。
  • なん @ 2009-06-24 06:11|
  • edit
>コバタキさん
> 一番調子の悪かった
その通りでしょうね。
本来ならもっと爆発的に突き放すべきところ、皐月賞のときは普通の一流馬の切れでしたもんねぇ(十分強いんですが

> 弥生賞
最大のタラレバですよねぇ… あのレースさえなければ、あのときの馬場が良馬場だったら… 全然違う未来になっていたかもしれないのに…

ディープインパクトの菊花賞での、馬場アナの実況が違ったものになっていたかもしれません。

あぁ…

> 残された子供たち
きっと「怪物」が出てきてくれますよ!
  • りょ @ 2009-06-23 23:11|
  • edit
タラレバですが
もしあの「ラジ短」にディープインパクトが出ていたとしても差し届かなかったのではないかなと思ってます。
まくり気味に四角上がってきてそれでいて最速の上がり
そりゃクロフネやジャンポケでも敵いませんよ
  • kobanotakion @ 2009-06-23 23:10|
  • edit
ホント 恐怖を覚えるほどの現役時の強さでありました。
おそらくは皐月賞は自身で一番調子の悪かったレースであったでしょう。
だから無事だったとしてももしかしたらダービーではジャンポケに負けていたかもしれません。
あの弥生賞というのは二着以下の三頭、ボーンキングやミスキャスト、マンハッタンカフェがことごとく故障したほどのキツイレースでしたからね
でもあの頃はまだ弥生賞のもつ意味は大きかったしなあ

書いても書き尽くすことはないほど近年では思い入れの深いお馬ちゃんでありました。

残された子供たちが凱旋門賞やブリーダーズカップ、ドバイWCを勝ってくれる事が何よりの供養だと今は思いたいですね
  • kobanotakion @ 2009-06-23 22:53|
  • edit

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/1633-6ac4d81b

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2