twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊ではない

morishitayuuri20090811
 
まぁ とにかくもう、自身のBlogでの自画自賛っぷりがスゴくてですね。「過去のどの悠里も超えた」みたいな。じゃあいっちょ見たろか! ということで買ってきました「月刊 森下悠里Ⅱ」でございます。結論から申しますと…

 
 
脱ぎ過ぎて、エロさ半減。
 
 
すいませんホント申し訳ありません、悠里たん。僕的にはいつものムチムチ下チチ横チチグラビアの方がグッと来るモノがありますわ。ちょっとねー、芸術志向が過ぎるというか、写真の技法? 的にもセミヌードということもありボカした感じなんですよね。それも僕のようなお子ちゃまにはイマイチ… ガッと高画質! どアップ! みたいなヤツを期待していたのですけど…
 
やっぱ手ブラすりゃいいってものではないんですよね。手を使った「むにゅ」と水着や下着での「ムニュ」は違うじゃないですか。もしかしたら、悠里たんは「手ブラ向きの軟らかさ」じゃないのかもしれません。着エロの申し子、とでも言いましょうか、衣装を身にまとって、その衣装が破裂せんばかりの、ね? 世の殿方は僕の言わんとすることをわかってくださると思うのですけど。僕的には…
 
脱いで魅力が増すのはちょい硬めで、形の良さで勝負するタイプ。
 
グラビアアイドルは逆に、少しポニョっとしているくらいが良い。
 
…最近、こう思うようになりました。グラビア、特に着エロで重要なのは「ヒモの周りからあふれた具」というかですね? 何もおぱーいやらオシリやら、そういう部分のことだけを言っているのではなくてですね? 例えばこう、腰のあたりですとか、ポイントポイントで「集中的な肉感」があるのが良い(=エロス)だと思うんですね。それが、脱いでしまうと全体に散らばってしまうという。
 
少し、残念です( ・ω・)

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/1701-004f4874

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。