twitter

焼け石に水だとしても

金属資源:中・印の成長続けば「2050年にも枯渇」
 
やー、まいった。地球温暖化のこともありますし、ぶっちゃけ僕らの世代から見て孫の世代の人類はリアルにヤバイと思ってましたが、こりゃ「直撃」ってヤツですかい? 困りましたなぁ(・ω・`)
 
1人当たりエネルギー消費量原始時代に戻るわけにも…

 
こんな時間にパソコン使ってるわ、もちろん暖房は使ってるわでとにかく地球に優しくない僕が言っても説得力ゼロなんですが、ホントに今から50~100年くらいが人類にとっての正念場だと思うんですね。もしこのピンチを切り抜けられれば、太陽がどうにかなったりもしくは「アルマゲドン」に出てきたような小惑星が降ってこない限り、あと1万年でも1億年でもイケるかと。
 
ただ正直、ちょっとジリ貧。人類ジリ貧。どうします? どうしましょかね? 言えないよそりゃ発展途上国の人に「発展するな」とか言えませんよ? んーと、とりあえず「京都議定書なんてクソ食らえ」と宣言した某大国の1人当たりエネルギー消費はチャイナ人のそれの7倍くらいあるそうなんで(ジャパン人は3倍くらいらしい)、それをどうにかしてもらえればこう、世界的にもより一層そういう潮流になるといいますか、はい。とりあえずはね?

comment

>Bianchiさん
あんまりズバズバと斬り捨てられるので、傷だらけでしたよ(ノ_・。)

…なんちて(((  ̄∇ ̄)

> 被害者
といったらみんなが加害者であり被害者なんですが、それでも我が国ではまだ、実感するのは温暖化でいえば「雪降らねー」とかそんなもんですからね。「わかっちゃいるけど」という人がほとんどだと思います。
  • りょ @ 2007-02-22 22:03|
  • edit
>りょさん
いえいえ、私は文を書くのが苦手なので、真意を正しく伝えるのが苦手なだけです。もっと簡潔でわかりやすい文章が書けるようにならないなと思います。

> 意識を変える
そうですね。
人は実際に被害にあわないとなかなか目が覚めないですからね。もっと相手の立場や被害者の立場になって考える想像力をもたないといけないなと思います。
  • Bianchi @ 2007-02-22 20:28|
  • edit
>Bianchiさん
なんかすいませんね…
僕が行間を読めない人間なばっかりに無駄にたくさん説明させてしまっているようです。

> 意識を変える
エネルギー問題じゃなくて地球温暖化の方ですけど、ツバルの人たちみたいにモロに影響を受ければ意識せざるを得ないんですけどね。そうでない限りはなかなか難しいという現状ですな。
  • りょ @ 2007-02-22 12:29|
  • edit
>りょさん
> 私も性悪説の立場から考えることは賛成で、確かに個々人の意識が向上するとはほとんど期待できないとも思います。しかし、環境問題は個人も加わらないとどうしても乗り越えられないと思うからこそ、あえて言っているわけです。

> 太陽電池パネル
さまざまな説が言われていますが、現在は3~10年程度らしいです。メーカーは3年程度で取り返し、20年程度は太陽電池システムは使用できると言っているみたいです。
私は環境に優しいと言われている太陽電池でもエネルギーが結構使われていたりしているということをふまえて、使用している時だけを考えるのではなく、生産から廃棄までの過程でどれだけ資源を消費しているかということを考える社会になってほしいと言いたかっただけですね。

> リアルタイムで
何かの調査で自動車にリアルタイムで燃費がわかる装置を取り付けると、ドライバーが燃費に気をつけた運転に変わり、燃費が向上したことがありました。要は意識を変える手助けになるのではと私は思います。
  • Bianchi @ 2007-02-22 08:23|
  • edit
>Bianchiさん
僕のとしては、環境問題に関してはとにかく「性悪説」の立場から考えていかなきゃいけないと思うんですね。つまり個々人の意識をどうとかいうのはあまり、というかほとんど期待しない方がいいということです。
やっぱり誰しも「オレだけやってもなぁ」「オレ1人くらいどってことねぇよなぁ」と絶対考えちゃうと思うんですよね。

> 太陽電池パネル
長い目で見てどうなるかですね。2~3年でパネルを作る分を取り返せるならいいでしょうが、それが10年20年かかるようならアウトです。莫大な、ということはそれくらいかかるのでしょうか?

> リアルタイムで
一応、光熱費というカタチでわかることはわかるんですが、「今まさに」というのは効果あるかもですね。ただし気にしない人が多かったら、それを取り付けたり動かしたりする分だけエネルギーの無駄になっちゃいますが…
  • りょ @ 2007-02-22 01:15|
  • edit
>りょさん
> 間違いなく
技術革新で海底の資源等が取れるようになったとしても、やはり資源の枯渇は時間の問題ですよね。かなり難しいですが、個々人が意識を変えて3Rの徹底をするしかないかなと思います。

> 聞く耳持たず
環境に対する正しい知識を増やしていくしかないですね。例えば、家庭用の太陽光発電は環境に優しいとうたわれていますが、太陽電池パネルを生産するのに莫大なエネルギーが使われているらしいです。
私は家庭の電気使用量がリアルタイムでわかる装置などがつくといいと思いますね。普段何気なく使っている電化製品がどれだけ電気をつくっているか一目でわかりますし。
  • Bianchi @ 2007-02-22 00:06|
  • edit
>Bianchiさん
> 間違いなく
どうなっちゃうんでしょうね(;´Д`)
まぁ 石油みたいに可採量がどんどん増えていくことも考えられますが…

> 聞く耳持たず
というか、それが人間ってもんなんでしょうねぇ
一人ひとりの心がけに委ねるのは限界があるので、例えば電気にしても1家庭あたり1日の使用量を制限し、それを超えるとその日はもう電気が通らなくしてしまうなどの対策をする必要が生まれてくるのではと。

> 資源を巡った大戦
戦争が長引いたら、資源がなくなるのが早くなるだけですね。
…ということは誰でもわかるので、一撃でもって相手国に甚大なダメージを与えうる攻撃、すなわち核兵器が使われる可能性も出てきちゃうという。

あぁ(ノ_-;)
  • りょ@研究室 @ 2007-02-21 20:46|
  • edit
金属資源は間違いなく枯渇するでしょう。
その前に世界的な人口増加による食糧危機も起こりそうですが。

私たち日本人を含めて、世界の先進国の人々に生活レベルを落としていこうと言っても、聞く耳を持たないでしょうし。排出権を買わないと京都議定書を守れない国がほとんどの現況では。

とりあえず焼け石に水だとは思いますが、危機感をもって資源に対する意識を変えていくしかないでしょうね。

私は資源が枯渇する前に資源を巡った大戦が起こる方が気がかりですね。
  • Bianchi @ 2007-02-21 08:09|
  • edit

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/171-5132873a

問題提起

 地球温暖化が、世界中で多くの不幸をもたらしています。異常気象により被災者になってしまう人や沈み行く島に住む人々。絶滅してしまう動植物も・・・。  この不幸を回避するために、私たちは何が出来るのでしょ
  • 地球冷却運動 (Earth Cool Movement) [地球温暖化防止対策] @ 2007-02-21 08:00

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2