twitter

賞味期限

worldcup20100617
 
強豪スペインいきなり敗戦 悲願の優勝に黄信号
 
風向きが、変わってきてる気がする( ・ω・)

 
これは別にサッカーに限ったことじゃなく、スポーツ全般(の中でも特にトッププロクラス)に言えることだと思うんですけど、いわゆる「旬」のプレースタイルってのがあるんですよね。その時代のトレンドというか、各国のリーグ戦とか、いろんな大会とかでなーんか似たようなカラーのチームが勝ってるよなーという、ありますよね?
 
「旬」のスタイルについて特徴的なことといえば、時代とともにグルグル回っているモノだということです。例えばNBAでいえばマイケル・ジョーダン時代=1人のS級選手がいて、その周りをB+~Aクラスの選手が固めるチームが強かった時代があり、それからある程度の過渡期を経て、その次に来たのが全盛期のピストンズ(6年連続カンファレンス・ファイナル進出)のようにスーパースターを置かない、A~A+の選手をたくさん揃えたチームでした。で、今はといえば再びジョーダン時代のように、スーパースター(レブロン、コービー、ウェイドなど)が引っ張る時代となっています。
 
今年、欧州CLを制したのはインテルです。
 
その決勝戦、名将・モウリーニョが与えた戦術は、乱暴に言ってしまえば「引いて守ってカウンター」でした。ボール支配率は、なんとビックリの34%。さらに言えば、インテルが準決勝で破った相手はポゼッション・サッカーの代名詞、バルセロナ。こちらに至っては30%を割っていたといいます。
 
ここ2~3年、とにかくバルサが褒め称えられまくったわけじゃないですか。日本のマスコミでは「世界一美しいサッカー」といってヨイショしまくったわけじゃないですか。実際、見ていて楽しかったですし、間違った表現でもないでしょうけど… それはそれとして昨日、痛恨の敗戦を喫したスペイン(こちらもザ・ポゼッション・サッカー)にしても、ワールドカップ本番まで26戦25勝1杯0分? 凄まじい成績で来ていたわけですよね。それが、イイ調子で試合を支配していたのに、一瞬のスキを突かれてコロっと負けちゃった。
 
なんかこう、また神様がサイコロ振っちゃった的な? 時代回っちゃった的な?
 
どーうも「旬」じゃなくなってきてる気がするんですよねぇ(・ω・)
 
 
 
(でもさすがにスペインが一次リーグ敗退はねーよなぁ…)

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2135-48bd3301

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2