twitter

伸びろー

uma20100914
 
クラキンコ、史上初の牝馬による北海道三冠達成/門別・王冠賞
 

父:クラキングオー
母:クラシャトル
 
(;゜Д゜)

 
 
えー、昨日はフランスのロンシャン競馬場で、凱旋門賞と同条件での前哨戦3レースが行われました。3歳牡馬限定のG2・ニエユ賞、3歳牝馬限定のG1・ヴェルメイユ賞、古馬G2・フォワ賞。いずれも芝2400メートル戦です。このうちニエユ賞には皐月賞馬・ヴィクトワールピサが、フォワ賞には宝塚記念馬・ナカヤマフェスタが出走しました。
 
ヴィクトワールピサ、前哨戦は4着に敗退/仏G2・ニエユ賞
ナカヤマフェスタ、僅差の2着に惜敗/仏G2・フォワ賞
 
明暗分かれましたね。
 
ヴィクトワールピサの方は、着順こそ4着はいえ全部で7頭立て、しかも勝ち馬からは8馬身差ということですから、休み明け・初の海外遠征とはいえ応援しているファンとしてはかなりガックリな結果。一方、ナカヤマフェスタは道中完璧に折り合い、直線も弾けて僅差の2着とですので、本番へ向けてなかなか期待の持てる内容だったかと思います。うーん、日本の3歳馬は欧州の3歳馬に比べて成熟度が低いという説がありますが、やっぱりそうなんですかねぇ…
 
とはいえ本番まではあと3週間あります。ヴィクトワールピサには祖父サンデーサイレンスの血が流れているわけで、サンデーといえば超短期間で「馬が変わる」成長力も特長のひとつでした。今回のレースも映像を見るとフォルス・ストレート(最終コーナー手前の短い直線)で不利があったようですし、それにも関わらず直線に入ってからは一瞬光る脚を見せていたことからも、どうやらそこまで悲観するまでもないようです。武が早仕掛けね。ちょっち。
 
成長力でいったら同じくサンデー系、しかも引退する直前まで成長し続けていたステゴー産駒のナカヤマフェスタも負けてはいないでしょう。
 
まだまだ、本番が楽しみですよぉ!!
 
 
【レース映像】ニエル賞(G2)、フォワ賞(G2)、プティクヴェール賞(G3)の結果

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2259-5f41da5a

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2