twitter

10年

ichiro20100924
 
敵地ファン、味方ブルペンもイチローを祝福=10年連続200安打達成の瞬間
周りを変化させられた イチロー、いつも通り淡々
 
2010年、日本のプロ野球は近年でも一番の「打高投低」シーズンとなってまして、セリーグでは阪神のマートンが残り10試合で201安打、ヤクルトの青木も残り10試合で197安打、セリーグより格段に投手力の強いパリーグでもロッテの西岡が残り5試合で198安打と、おそらく史上初であろう「3人の選手が200本安打超え」となりそうです。
 
ちなみに投手受難の年を象徴するように、各チームのチーム防御率は両リーグトップの中日、日ハムを除けば、他は軒並み4点前後、セリーグのお荷物2チーム(その片方はなんと、勝率が首位打者の打率よりも低い!!)に至っては5点台間近という数字も残っています。ちなみにちなみに、来年からはプロ野球で使用されるボールはいわゆる「飛ばないボール」である国際球(に近いボール?)に統一されるそうで、今年のようなシーズンはしばらくお目にかかれないのではないかなと思っております。
 
一方、イチロー…

 
 
毎年ですよ、奥さん。
 
 
イチローがメジャーデビューした試合、まだ覚えてます。実家でたまたま、兄者と一緒に見てたんですよ。「そういえば今日メジャー開幕だったね」みたいな。とりあえず1本出てホッとして、その次のバントヒットで「うめえええ!!」と大興奮でしたね。
 
あれから10年(きみまろ風
 
兄者は結婚して子供が2人でき、僕は就職して大学時代の極楽生活に別れを告げました。その間には今年の日本のプロ野球のように打者有利のシーズンもあれば、おそらく来年そうなるであろう投手有利のシーズンもあったことと思います。いろんな逆風にWBCでの疲れ、チーム事情などなど… 特にここ何年かのマリナーズは弱すぎるにも程がある! 巨人と10回試合をやったら7回は巨人が勝つでしょう。22日の試合が象徴的でしたが、1番打者のイチローが5回も出塁してるのに3点しか取れない、そんなクソチームですよマリナーズ。
 
そんな中でも常に高いモチベーションを保ち、健康で、必ず結果を出してきたイチローさんすげぇ! パネェ! いまさらですけど。
 
イチロー、記録達成で発見した仲間の存在
 

「プレーオフに出られない状況になったときこそ、気を引き締めて、僕らはプレーしなくちゃいけない。そんな中でイチローは、ヒットを打つという彼の仕事をしているまでだ。最悪なのは、プレーオフに出られないからといって手を抜いたりすること。それこそ、自分勝手な選手だ」
 
こういうコメント、立派な意見でまさにその通り! ではあるのですが、しかし毎年こんなこと言ってません? 選手だったり監督だったり、解説者だったり。もうね、とにかく! 僕がイチローにやってほしいことは、優勝争いの中での~ってヤツですよ。もしイチローがヤンキースに所属していたら? アメリカ国内での扱いもこんなもんじゃないはずですよ。もっとすげー、エライことになってたと思います。
 
あぁ マリナーズ… 強くなろうぜマリナーズ…
 
なんならマートン、青木、西岡、ついでに岩隈、球児あたりもみんなマリナーズに入っちゃえば(少なくとも今年よりは)勝てるチームになるのに(笑

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2276-85f3d289

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2