twitter

肉食系女子

gundam0020100926
 
というわけで「劇場版機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」を見てきました。上映している映画館が地元では2館しかなく(ちなみに今住んでいるところだと1館(笑)、しかも新開発から取り残されたようなちょっと古い、寂れたショッピングセンター的な建物の中にあるとあって、その映画館内にいるヒトのほぼ全員が00目当てという特異な空間でした。
 
以下、若干のネタバレ含みます。

 
 
ざっくりしたハナシの内容としましては前の記事のコメント欄に書いた通りなのですが、とにかく、要するに今回の敵(?)は地球外生命体であり、しかもいわゆる「宇宙人」ではなく「金属」という… 00のテーマ自体が「分かり合う」「来るべき対話」といったキーワードで構成されるモノですので、なんとなくそうした意図はわかるのですが、やはり相手が「喋らない」というのは物語として難しい面もあったかと思います。
 
個人的なテンション↑↑ポイントは、ティエリアがラファエルガンダムで復活登場したシーンと、あとは石川智晶さん@See-Sawの挿入歌「もう何も怖くない、怖くはない」が流れたシーン。それとは別に後半、ヴェーダの機能の一部を00クアンタに移植したかなんだかしたのですが、それによって00クアンタのコクピットに3D映像で浮かび上がるティエリア… あれ明らかにいらねえだろ! 声だけでいいだろ! あの「子ティエリア」が画面に映るたび笑いそうになるのを必死で堪えました… いやあれはヒドかった(笑
 
ちなみに画像↑はミーナ・カーマインという劇場版オリジナルキャラ。なんか見た目が死んだはずのネーナに酷似していて、しかも声優さんも同じという。
 
ミーナ・カーマイン (ミーナカーマイン) とは - ピクペディア | ピクシブ百科事典
 

ビリー・カタギリに非常に好意を抱いており、人前で押し倒したりこれ見よがしに脚を組み替えてみせたりと絶えず積極的なエロ攻撃を仕掛ける肉食系女性である。
 
 
まぁ 気になったね(爆
 
 
仕方ない、仕方ないんだ……

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2279-f7010993

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2