twitter

神曲たち

maik20101011
 
倉木麻衣のMai.K Diary : ありがとう!!!☆
 
というわけで去る2010年10月9日、「倉木麻衣のちょっと早いけど当初の予定通りハロウィンってことでみんな熱く盛り上がっていこうぜライブ in さいたまスーパーアリーナ」もとい(笑)「HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE 2010」に参戦してきました! 昨年初めて行って大好評だったHHHLですが、今年はどんな感じだったのでしょうか的なことをダラダラと…
 
以下、例によって個人的な日記も含めたレポートです( ´∀`)ノ

 
 
当日は朝から雨。ヤフトピをチェックすると「太平洋側の広い範囲で大雨」とのことで嫌~な予感。というのは、麻衣ちゃんのライブではなく日を同じくして行われるF1日本GPのことで(笑)予選できるの? できたとしてもまた「くじ引き」みたいな、走ったときの雨が強いか弱いかだけで順位が決まってしまう展開になっちゃわね? シーズン終盤に来てそれはねーだろーと。
 
そんなことを考えつつ持っていく荷物等の準備を進め、家を出たのが14時ちょっと前だったでしょうか? そうなのです調べてみるとウチの最寄り駅から会場までは電車の乗換時間を含めても約40分! メチャメチャ近いのさーっと余裕の重役出勤です。が、今までの遠征履歴を振り返ってみても、幾度となく露呈してきたこのリスク管理の甘さ! その後に起こる悲劇をまたしても予想できなかったペンギンさんなのでした。
 
雨が強かったので家から駅までクルマで行こうと思ったら駅から一番近い駐車場が満車→結局ちょっと濡れるハメに、といった多少のアクシデントはあったものの移動自体は順調で、会場近くに到着したのは15時くらい。すぐに会場に向かってグッズを買いに行こうかとも考えましたが、ここでもやはり雨が強かったのでひとまず屋根のあるトコロに… ということで駅を出てすぐのベンチに座り、「F速」の日本GP特集号を読みながら時間を潰します(ここで予選の中止を知る)。というところで、まぁ 結論から言いますと…
 
 
この時点でマグカップ売り切れ。
 
 
…はい、会場へは早めに行く! グッズは売り場が開いたらすぐに並ぶ! 基本ですよね。GT.MK phase2では、全ての麻衣ファンに「基本に忠実なファン生活を送る」ことを強くオススメします(笑
 
ちなみに「F速」を読んでいるときに海を越えて駆けつけた某T氏を見つけましたが、写真撮ったり忙しそうでしたので(?)ここではとりあえずスルー。会場へ向かってグッズを買った後に再び発見しましたので、そのとき例のブツを渡してこちらのミッションはコンプリート。
 
ゲットしたグッズは「マジカルBOX」「Tシャツ白・黒」「タオル」「ハロウィンバッグ」です。Tシャツは最近よくある首回りが広い(女性用の?)デザインではないのが僕的にはナイスです。マジカルBOXは… 正直、今までの全てのグッズの中で一番ダメダメなんじゃないか疑惑。入っているモノの中でポストカード(裏が麻衣ちゃんの写真@ホログラムになってるヤツ)だけは出来が良いと思いますので、こちらを1枚あたり300円の5枚セット=1500円くらいで売ってくれた方が良かったと思いますです…
 
いつもならここで某梅氏(GGM長老御一行)を発見して、開場時間までなんとなくその近くをウロウロするところですが、この日は(やはり)天気が悪かったこともあってか、みなさん見当たらず。雨の中、ただウロウロして挙動不審人物になるのもアレですので、早めに会場入りしました。
 
座席位置としましてはPA席のすぐ手前。世の中的に、一番音が良いといわれる位置ですね。ステージの形状が画像↑にありますようにY字にセンターステージが張り出したカタチになっていましたので、チケットが届いた時点で思ったほど絶望的なポジショニングではなく。むしろ良く。あぁ 欲を言えばあと1ブロック… あと1ブロック前ならぁ…!!
 
 

2010年10月9日(土) さいたまスーパーアリーナ
HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE 2010
 
01. Fairy Tale ~my last teenage wish~
02. Drive me crazy
03. Revive
04. If I Believe
05. P.S MY SUNSHINE
06. Secret of my heart
07. Voice of Safest Place
08. Tomorrow is the last Time
09. Cry Me a River(カバー)
10. Tonight, I feel close to you
11. Don't leave me alone
12. NEVER GONNA GIVE YOU UP
13. boyfriend
14. You were right(M.アフリック)
15. 夢が咲く春(Remix)
16. I scream!
17. LOVE SICK
18. Come on! Come on!
19. ダンシング
20. PERFECT CRIME
21. Growing of my heart
22. PUZZULE
23. touch Me!
24. FUTURE KISS
25. Love,Day After Tomorrow
26. 不思議の国
E1. chance for you
E2. anywhere
E3. always
E4. SUMMER TIME GONE
E5. Diamond Wave
 
改めてセットリストを眺めた感じとしては、やはり良く言えば「昨年の良いトコ取りをしつつ新曲発表会も兼ねた」セット、悪く言えば「昨年の焼き直し」です。ライブ終了直後は、とにかく新曲が神! 神! 神! すぎてそっちの満足感が脳内を完全支配していましたが、こうして少し落ち着いてみれば若干、後者の度合いが強すぎたかなーと。昨年と今年、並べて見比べるとそこまで同じでもない… のですが、要所要所での曲の並びや演出の感じなどからそういった印象になってしまったのだと思います。
 
ライブ中には早くも来年、第3回HHHLの開催が宣言されましたけど、そもそも「ハロウィンっぽさ」を感じさせる曲は限られていることもあり、第1回を超える衝撃、完成度を目指すにはそのあたりの問題を解決する必要があるでしょう。僕としては、「ハロウィン」は2~3年に1回で、あとは10月といえば「運動会」とか「文化祭」とか、そういうスペシャルライブをやっても面白いんじゃないかと… どうでしょう? 運動会ライブはもちろん、ビキビキでノリノリでドゥムドゥムでシャンシャンの超アップテンポライブですよ!(笑
 
 
01. Fairy Tale ~my last teenage wish~
02. Drive me crazy
03. Revive
 
オープニングナンバーは昨年と同じく「Fairy Tale」。これがなー… 確かに昨年はスゴかったですよ? なんとなく期待はあるけどさすがにもうねーよなーと思ってたところでやっぱキタ―――!!! という喜び爆発度合いに比べると残念な感は否めず。普通に「あ、同じだ」と思ってしまいましたから。ライブにおいて「定番」を作ることは大事なことではあるのですけど… かといって、作る場所によっては難しいことになる、ということでしょう。
 
「Drive me crazy」はあまり好きなタイプの曲ではないこともあり軽くスルー… してしまうと、ここに去年は2曲目だった「Revive」。
 
な? こういうところやぞ?
 
04. If I Believe
 
ここでファンクラブサイトでの「聴きたい曲アンケート」1位が登場。僕としてもメチャメチャ好きな曲で嬉しいのは嬉しいのですが、やはりこの曲はハロウィンライブとは別のカタチで出会いたかったなと思います。高2の夏、なんとなく行った地元の祭りで中学校のとき好きだった娘を見かけたけどフツーに男連れだったみたいな。そんな感じです。
 
05. P.S MY SUNSHINE
06. Secret of my heart
 
申し訳ないですけど、存在としては「空気」でした…
 
07. Voice of Safest Place
 
うおーキタキタァ!! メッチャ油断してました。「聴きたい曲」アンケートで僕が投票した曲ですよー。や、まぁ 僕としては「Voice of~」じゃない、普通バージョンの方を期待していたのですけどこの際、細かいことは置いておきまして。麻衣ちゃんの真後ろから白い光がぐるぐると、真正面から見れた僕はホントラッキーでした。女神様でした。
 
08. Tomorrow is the last Time
 
 
 
ネ申。
 
 
 
最高すぎます。歌い出しからずーっと、ずーっとトリハダモノ。金縛りになったみたいに、手拍子すらできやしねー。この1曲を聴けただけで、このライブのチケット代以上の価値がありました。スゴイスゴイスゴイ。
 
実はワタクシ、コナンを全然チェックしていませんで、最初聴いたときこの曲がナニかわかりませんでした。確か麻衣ちゃんも「新曲」としか言っていませんでしたし。何? 何これ!? アルバムオリジナルなの!? なんじゃこりゃー! 怪物だー! という。今にして思えば、これをライブ会場で初めて聴いた僕はシアワセモノです。YouTubeでコナンのEDを再生する。僕のシナプスはHHHL2010のメモリにリンクする。あの感動が蘇る!!
 
ありがとぅ( TДT)ノ
 
09. Cry Me a River(カバー)
10. Tonight, I feel close to you
11. Don't leave me alone
 
カバー曲と(これも申し訳ないですが)存在感の薄い「Don't leave me alone」に挟まれて「聴きたい曲アンケート」2位の「Tonight, I feel close to you」。ヤンツィーさんの声でした、よね? たぶん。レコーディング時の音源を使用したのでしょう。古いファンのわがままを言わせていただけば、やはりここでゲスト・愛果さんという展開があればなー、と… 麻衣ちゃんの声とのシンクロ率は愛果さんが世界一。今でもそう、思っています。
 
この後マイコー・アフリックが登場したことを思えば、なおさら「愛果さんもアリだろ」的なキモチも湧こうというモノ。
 
12. NEVER GONNA GIVE YOU UP
13. boyfriend
14. You were right(M.アフリック)
 
アフリック・ゾーン。
 
うーん、「boyfriend」はやはり、僕としては「ああいう曲が好きなヒトもいるよね」という感じ。この後登場する「I scream!」「FUTURE KISS」を聴いてみて、次のアルバムに入れる必然性が全くない、ということを確信した次第です。
 
「You were right」はアフリックさんが1曲披露。衣装チェンジの時間稼ぎという意味合いが強いのでしょうが、こういうのは珍しいですね。
 
15. 夢が咲く春(Remix)
16. I scream!
 
 
ビキビキエレクトロ
 
 
キタ―――ヽ( ゜Д゜)ノ―――!!
 
 
まさかの(笑
 
いや「I scream!」はそこまででもなかったかもですが。それにしてもノリノリダンスチューン。ライブ後に某T氏が「小室全盛期を思わせる90年代ダンスナンバー」(あれ? 「FUTURE KISS」の方だったかな? まいいか(笑)と言っていましたが、まさにそんな感じ。すなわち、超・僕・好・み♪
 
あい・すく・りー・むっ!
 
ちょとやてしまたね( ノ∀`)あいやー
 
17. LOVE SICK
18. Come on! Come on!
 
アフリック・ゾーンが終わってからは、すっかりタテノリモードに移行。ペンギンさんの脳内が乱れ始めます。「聴きたい曲アンケート」3位の「LOVE SICK」では正面の巨大スクリーンにケータイやPCで使う顔文字がダーっと流れる演出があり…
 
「 \(^▽^)/ 」
 
(;゜Д゜)
 
ア、アウ… セフセフ!! 「 \(^O^)/ 」だったら大変なことに(?)なってましたから。いやー危ない危ない。今回の麻衣ちゃんに限らずこういう演出はたまに見かけますけど、それなりにインターネッツ経験のあるアドバイザーに意見を求めるとかしてほしいかも? 安易に見た目だけで「お! これいいねー使おう!」というのは、あの、危険だと思いますので。
 
19. ダンシング
20. PERFECT CRIME
 
「ダンシング」はちょっと短いバージョンでしたが、跳ばしていただきました。だって後ろに観客はいない。迷惑にはならない。よろけて隣のヒトにガツガツ当たるとかはダメだと思いますけど… 今回のはセーフでしょ!
 
あと細かいことですけど「PERFECT CRIME」で炎がどーん! ってなるとき、数十メートル離れた僕でも顔が熱くなるのに、間近にいる麻衣ちゃんはどうなっちゃってるの? みたいな。実はすげーガマンしてるんじゃないか疑惑。
 
21. Growing of my heart
22. PUZZULE
23. touch Me!
 
例によってペンギンさん、完全崩壊ゾーン。グロマイの演出(スクリーン映像?)がスゴイ僕好みっぽかったらしい(後で某T氏に聞いた)んですけど、ぶっちゃけ目に入ってませんでした… このあたりはホント、いつものことながら当時の自分を思い出すと恥ずかしくなっちゃうんですけど、ついつい、現場ではやってしまうんすよなぁ
 
あと、アルバムに入らなかった「PUZZLE」はこの後日の目を見ることはあるのでしょうか? もったいない。あぁ MOTTAINAI名曲。
 
24. FUTURE KISS
 
 
どーん!(( ̄□ ̄;)
 
 
なんということでしょう… こーゆー曲を麻衣ちゃんが歌ってくれる日が来るとは… 夢にも思わなかったですよ… ははっ! これは完全に、僕に風が吹いているようですね! ありがたいことです。素晴らしいよーノリノリだよーダンスチューンだよーうふふふふっ♪
 
賛否両論、あるんでしょうけどね? いや麻衣ファンの傾向からいえば「否」の方が多いかもしれませんね? でも関係ないねー最高だねー僕としてはね! なんとしても! このアレンジのままCDに収録してほしいと思います!!
 
25. Love,Day After Tomorrow
 
センターステージに設置されたゴンドラがウィーンと。ミニスカート衣装の麻衣ちゃんがウィーンと。あと1ブロック前なら…! あと15cmかがむ勇気があれば…! それができないのがペンギンクオリティー。見えたとしてもホットパンツ的なモノ。あぁ わかってるそれはわかってる。だけどさ? わかるだろう? そういうことじゃあ、ないんだよね。
 
夢を持つことは、良いことだ(  ̄― ̄)
 
26. 不思議の国
 
カボチャの馬車を組み立てるピエロさんたち。明らかに麻衣ちゃん、そこから出てくるよね… そしてたぶん「不思議の国」だねこれ… と誰もが思って、その通りになりました。うーん、いや、悪くはない、悪くはないんですけど…
 
な? こういうところやぞ?
 
ちなみに麻衣ちゃん登場の呪文(掛け声)「ロウィン・ピハロー」はハロウィンと何かをくっつけた言葉のアナグラムかと思ったのですが、Tシャツを見るとローマ字表記で「LOWIN PIHALLOW」だそうで… うーん?
 
 
ここで本編終了です。アンコールのMai-Kコール… 実は今回、相方さんもいないことですし、みんながするなら僕は手拍子程度で、そんなにがんばらなくていいかなーと思っちゃっていたのですが、周りでやってるヒトがあまりにも少なく… こりゃアカン!! と(汗
 
慌てて立ち上がり、マイケー! マイケー!( ゜Д゜)ノ
 
 
10周年イヤーが終わって、ライブに来るファンはリセットボタンが押されちゃったのかな… と、こうやって回り回っていくということは、別に今知ったことではありません。また地道に続けていくしかないんでしょうね…
 
E1. chance for you
E2. anywhere
E3. always
E4. SUMMER TIME GONE
 
注目はもちろん「anywhere」。僕が今回のライブに参加するにあたり、最も楽しみにしていた曲です。これがまた、見事にタテノリな感じにしてしまいまして。すんごい良かったです。最後の方の「タッタッタタッタッタッタタッタッ」(注:例によって歌詞カードちゃんと見てません)とかもうノリノリで。お恥ずかしったらありゃしない(笑
 
「SUMMER TIME GONE」も良い曲なんですけど、やはり「anywhere」の強大な魅力の前では、凡庸に映ってしまいますねぇ…
 
これからは「anywhere」。倉木麻衣は「anywhere」( ´∀`)
 
E5. Diamond Wave
 
「SUMMER TIME GONE」で終わった感じで、麻衣ちゃんもバンドメンバーも挨拶を済ませちゃって、でももちろん歓声は鳴り止まず、「もう1曲やってもいいですかー!?」という展開は、そう、去年と全く同じ! 同じなんだよー! いやいいですよ? 僕だって「Diamond Wave」大好きですよ。でも! 去年と! 同じ!!
 
な? こういうところやぞ?
 
 
おつかれさまでしたー。
 
というわけでHHHL2010。最初の雑感でも述べましたように、「時季モノ」のスペシャルライブという特性からか、やはり悪く言ってしまうと「去年の焼き直し」のイメージが強し、といったところです。今回はシルク・ドゥ・ソレイユのエアリアルメンバーとのコラボも注目されましたが、ライブレポに全く登場していないことでお気付きの方もおられるでしょうが、僕としては「いてもいいけど、別にいなくてもいいかな」という感じで、テコ入れは不発に終わった様子。
 
それよりも今回最大の収穫はやはり! 新曲! ですよねー。3曲披露されたアルバムオリジナル曲、麻衣ソングの王道ともいえるしっとり系ミドルバラードを極めた「Tomorrow is the last Time」、僕好みのビキビキノリノリダンスチューンの「I scream!」「FUTURE KISS」、どれも最高でした。おかげさまで、当初だいぶ低かったアルバムへの期待度は、今やメーター振り切っちゃってます!!
 
 
「FUTURE KISS」
 
 
期待度300%!( ゜Д゜)ノ
 
 
…発売日は11月17日です(笑
 
 
さて、終演後は上野にて某K氏と待ち合わせ。そうなのですK氏は今回、仕事のため途中から参戦予定となっていたのですが、この大雨で電車が不通になったりなんだりのトラブルが重なり参戦不可に… 残念でございました。仕方ないので、久々に会ったことだし飲みますかということで某所へ移動。それぞれホテルのチェックインを済ませた後に再合流。
 
まぁ 飲みの席ではいろいろ話しましたが、え? 明日は某超有名アイドルユニットのイベント? ってそっちが真の目的かい!! と、そのときは言いませんでしたけど(笑)どうなんですかねー僕はできればK氏にはこちらに戻ってきてほしいんですけどねーもう後戻りはできませんかねー?
 
ふむ( ・ω・)
 
 
翌日、昼頃に某T氏&某梅氏と合流しまして一緒に昼飯へ。ここではライブのことなど麻衣ちゃん関係が主なテーマのトークを… みなさん「Tomorrow is the last Time」がスゴイ! という印象は同じようですねー。ヨカタヨカタ! 最終目標だった「化粧品のCM」が達成されてしまった今、次に目指すモノがイマイチ思いつかないというところも一緒でしたね(苦笑
 
そんなこんなで、3時間ちょい、あっという間で。今回はどうもありがとうございました&牛タン美味しかったですねー。
 
またです( ´∀`)ノシ
 
 
以上、HHHL2010レポ&日記でした。最後に恒例の…
 
 
ブルーレイ!( ゜∀゜)ノ ブルーレイ!( ゜∀゜)ノ ブルーレイ!( ゜∀゜)ノ
 
ブルーレイ!( ゜∀゜)ノ ブルーレイ!( ゜∀゜)ノ
 
 
ブルーレイ!( ゜∀゜)ノ
 

comment

>とっちさん
> Future Kissでおます
ですよね(苦笑

いや実はこの一文、めざましの映像を見たときに「FUTURE KISS」が流れてまして、それを聴いて「こっちや!」と慌てて追加したという…

お恥ずかしったらありゃしない(;´∀`)

> 1位.「Tomorrow is the last Time」
> 2位.「anywhere」
> 3位.「夢春Remix」
僕としては「Growing of my heart」も滑り込ませたいところですねー。
ブッ壊れて見れなかった映像をBlu-rayで見たいどす。

> 正直、1位を聴けただけで参加した価値がありました。
こんな感想まで同じとは…
珍しいですね(笑

マジで圧倒されました。
この曲の前では「ハロウィン」というコンセプトすら不要に思えます。

…それ言っちゃオシマイ?σ( ̄∇ ̄;)

> anywhere
今思えば、ライブ終わりにピッタリな感じでした。
それが予想できたヒトと予想できなかったヒト… 僕は後者で(笑

まぁ それはそれとして…

定番を打ち破るのは勇気がいることで、なんだかんだ「always」を楽しみにしているヒトもいて、そんなこんなで今回は「まだやめとこ」みたいな? そういうことだったのだと思いたいです。

> 普通に良いライブ
ですよねー。

でもやっぱハロウィンというより「新曲お披露目ライブ」といってくれた方がスッキリしたんじゃねーか疑惑もアリ(笑

> 不思議の国
パレードが強調されてますけど、あのアンコール一発目の登場シーンというかお姫様感がダンチでしたよね去年は。アレがデカかった。

あのインパクトを超えるのは難しいので、(アンコール前後の違いはあれど似たような)配置を変えるとかしてほしかったですな。

> サーカス
もしかしたら、もっと上手い使い方があったのかもしれない…
でも麻衣ちゃんとその周りのヒトには簡単じゃなかった、ということで(笑

> 席
うーんそれもある… ような、ないような?

やっぱ「2回目」ってのが一番デカイことは間違いない!(・∀・)9m
  • りょ @ 2010-10-14 21:15|
  • edit
>90年代ダンスナンバー
Future Kissでおます(´∀` )

僕的には今回良かったのは
1位.「Tomorrow is the last Time」
2位.「anywhere」
3位.「夢春Remix」
ですねー。
正直、1位を聴けただけで参加した価値がありました。
去年の「This is your life」並みかそれ以上のゾクゾクに襲われたですよ。
コナン君は数回だけ動画で見たんですけど、「良さげな曲だな」と思った程度でした。
たぶんボーカルのエフェクトがそう思わしたんでしょうね。
でもライブでは全くの別物でした。
イントロもあんなに良かったんだなーと驚いたほどで、正直同じ曲と気付くまでけっこう時間がかかったほどです。
バラードでちびりそうになったのはいつぶりだと言うほどですね。
たまらんかたー。
2位、3位はひたすら飛びました。
いやー、これもたまらんかたー。
正直、2位が終わった瞬間は「alwaysはもう不要でい。これからanywhereやー!」と相方さんに言ったほどでした。
全く同じですね(笑
でもその直後に「always」が流れた瞬間はかなり萎えましたけどね。
こういう所ってちゃんと気づかってほしいです。
結局、いい感じになりかけたところで衣装替え&去年の焼き直しで一気に消沈させれることが多すぎでした。
だからイマイチ終わったとはすっきりしなかったんですよねー。
振り返れば普通に良いライブだったんですけどね。
でも去年に

去年の「Fairy tale」「不思議の国」は泣きそうになるほど幸せを感じた曲なのに、今回は残念ながら心に響くほどでもなく…。
多少は聴きなれもあるのかもしれませんが、、、、絶対にそうじゃない。
完全に焼き直しのまんまだったからだと思います。
しかも焼き直し自体も去年のオリジナルには遠く及ばないし…。

うむー。
あっ、サーカスは正直いらんかったね(笑
なーんの感動もありませんし、全く心に響くこともなかった。

まぁ去年はすごく席が良くて、ステージがよくわかったというのも感動要素だったかもしれませぬなー。
  • とっち @ 2010-10-14 15:11|
  • edit

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2303-bf8c5986

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2