twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムイ気取り

gt20101016
 
今日は早くも第6回を迎えたTPX GPの第2戦… なのですが、いかんせん条件が合わないのかとにかく遅い遅すぎる。ということで、レースではGTスリップを使って付いて行って、あとは運を天に任せるしかないなーと。そんなあきらめムードの中、さっきまでF2007で鈴鹿を走ってました。
 
しかもドライバー視点(笑

 
いやーやってるうちに慣れるもんですね。F1の場合はもちろんコクピットがマシンの中央にありますのでノーマル視点とあまり変わらないというのもありますが。それにしたってデジタルのスピードメーターが真ん中にないのは最初はスゴイ違和感で… ぶっちゃけ普段はブレーキングポイントとかスピードで判断してますからね。ただこちらもF1だとある程度の無理は許容してくれるということで、意外と大丈夫。残る問題はタコメーターなのですが…
 
あのランプ、メッチャ重要!!
 
画像↑で緑色に光ってるヤツ。ステアリングの、親指の上あたりの。パワーバンドに入ると白い光、レッドゾーン間近(シフトアップポイント)で緑の光、レッドゾーンで赤い光が点灯します。もうね、これだけが頼り。超見てるランプ。
 
そういえば去年の鈴鹿予選で、ティモ・グロックが最終コーナーで飛び出してバリアに激突→ケガして欠場なんてことがありましたが、あれも一説にはこのランプだけ見てたからというハナシもあり。コーナーっていうコーナーじゃないですからね鈴鹿の最終は。普通ならF1ドライバーがミスる場所じゃない。
 
やっぱそうだったのかなー。
 
今ならそのときの状況、ワカルぜグロック(笑

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2309-2f310466

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。