twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女墜つ

hoshinoaki20101107
 
エスポワールシチーは10着、ゼニヤッタも敗れる/BCクラシック
 
「最初からガーッと飛ばして最後まで残った者が勝つ」というのが従来のアメリカ競馬だったわけで、それはもう過去の名馬を振り返ってみましてもシガー然り、サンデーサイレンス然り、セクレタリアト然り… ですがここ2年間、北米最強の座についていた「魔女」ゼニヤッタは追込み馬です。一般に、欧州の芝コースに近い適性が要求されるオールウェザーコースの申し子ともいわれる魔女は、今年の4月以来、そして自身20戦のキャリアにおける(わずか)3戦目となるダートコースでのレースで、ついに敗れ去りました…
 
これ、ぶっちゃけさぁ?( ゜Д゜)

 
優駿達の蹄跡 - Zenyatta
 
こうしてゼニヤッタの戦績表を見てみますと、いわゆる「GⅠの中のGⅠ」と呼べるようなレースは今回のBCクラシックが3戦目(一昨年BCLC、昨年BCC)ということがわかります。他はなにこれ? どこのレース? みたいな。世界から見れば日本のGⅠのうちのほとんど(ダービー以外のクラシックや天皇賞でさえ…)もそうであるように、ゼニヤッタが走ってきたレースのほとんどが「ローカルGⅠ」と呼ばれるレベルのものだと思います。
 
まして、日本の場合はどのレースでもそこそこ頭数が揃うので展開やアクシデント等による紛れが生じるのに対し、ゼニヤッタの場合はほとんどが10頭未満のレース… というか今回のBCが未勝利、昨年BCに続くたった3回目! 一般的な追込み馬が必ず背負うリスク、すなわち展開不利、前を塞がれる不利といったものの影響を全く受けずにきたわけです。強い馬が、相手が弱い上に、自分の力を100%出し切れる? そりゃ勝つでしょうよ。当ったり前のことです。
 
魔女が魔法を使えなかった。ただそれだけのことヽ( ´ー`)ノ
 

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2341-f3dbf689

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。