twitter

ゲーマーダマシイ

ske4820120102
 
GTのチームメイトで長いこと活動休止状態にあったヒトのブログに、あぁ やっぱりなぁ なるほどなぁ と思えるような記事がUPされていました。2011年は震災のあった年で、それがキッカケになったかどうかはヒトそれぞれですが、近いうちにゲームを趣味としているオトナ達の価値観が変わっていく… これはずっとずっと前から予想できていたことです。
 
1980年代初頭のファミコンブーム。その頃10~20代だった世界史上初の「ゲーム世代」と呼べるヒト達が、今40~50代を迎えているわけです。残り半分を切った自分自身の人生を見つめなおして、今やるべきことの優先順位を決めようというとき、ゲームが上位に来ることなんてまずありえない…

 
ゲーム業界、特に据え置き型ゲームは正念場を迎えています。
 
結局、上記のようなことはこれからも加速していきます。ハッキリ言ってしまえばゲーム世代の「引退」。ゲームは趣味としてやるものから、単なる暇つぶしへとランクダウン。暇つぶしでやるゲームはすぐに始められて、いつでも終われて、簡単で、ちょっとした満足感が得られればいい。となると、据え置き型ゲームに出番はありません。
 
電源を入れて、オンラインにサインインして、ゲームを起動して、高価な専用コントローラを準備して… ってそれが時代遅れになっていくことくらい誰にだってわかるわゴルァ! ってハナシですね。
 
とまぁ それは時代の流れですから致し方ないことで、SONYさんにはがんばってくださいとしか言いようがないわけですが、その中で僕的に懸念するというか、なんか嫌だなーと思うことといえば、そうやって時代とともに価値観を変えられるヒトに比べて、これからも据え置き型ゲームをしていく僕のような人間が、大袈裟に言えば、「種」として劣った存在だと思われないか? ということ。まだそんなのやってるの? へぇ~(蔑)みたいな。既に思われている可能性大ですけど。
 
まぁ やめませんがね、ワタシは。
 
少なくともあと3年はやめない予定( ゜Д゜)カッ

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/2936-04d89ce9

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2