twitter

エネルギー問題

narusekokomi20120505
 
さっきNHKでやってた「ウォーリー」って映画が面白かったーです。フツーにアカデミー賞とか獲ってるみたいですね知りませんでしたスイマセン。いや、でもホントいいハナシ。映像もキレイでしたし(ディズニー系だけに)。このところアニメっていうとジブリ、ガンダム、ルパン、コナンっていう純和製! って感じのモノしか見てなかったので、スゴイ新鮮でした。
 
という、今日はこどもの日。

 
真冬の公園にDSする小学生がたむろしている理由
 

世も末なのは子ども自身のせいじゃない。なぜならその児童公園は、今や「大声を上げること禁止、ボール禁止、ラケットもバットも禁止、飛ぶもの全部禁止、車輪禁止、もちろん自転車も禁止」なのだから。(中略)公園という場所では、人は何もしてはいけない。というか、居てもいけない。「空間」のみあるべし。
 
今の世の中というのは、このハナシがよくある(?)ネットの誇張記事じゃないところが恐ろしいわけで。なにせ同じ話がウチの母… すなわちオバサンネット(=井戸端会議ってヤツだ)でのメイントピックに上がるほどです。それも東京をはじめとする都会ではなく、こんな小さな小さな地方都市で! ホント恐ろしいったらありゃしない。
 
バリバリのインドア派小学生だった僕でさえ、公演にはお世話になりました。だいたい、ゲームに飽きたら外で遊ぶ。昼の1時から遊んで(当時は土曜が「半ドン」だったから、約束しやすかった)4時を過ぎたら外に出る。そんな感じ。遊びの種目はコンニャクボールを使った野球もどきが多かったような気がします。少年野球チームに入ってない者同士の、超低レベル戦(笑
 
今の子供には、そういう場は与えられていないのですね。野球をやるなら少年野球チームに入るしかないし、サッカーもそう。なんでも「やるなら本気で」ってのは、聞こえは良いですけどね? どうなんでしょう? 僕としてはイチイチ敷居が高くて、なんとなく息苦しいような気がしてなりませんが…
 
いろいろ便利になっているはずなのに、逆に何をするにもエネルギーの必要な時代です。
 
がんばれ子供(・ω・)ノ

comment

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/3115-d461b8fd

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2