twitter

ミカタキキカタ

たまには誰からも需要のない記事を書いてみようかと。いや、じゃあいつもの記事は需要があるのかと言われたらそりゃあ確実にあるとはいえませんが… とはいえ、需要という観点じゃなく読者の興味分野ということを考えれば、そこそこマッチングしてたりしていなかったり、最低でも「微妙なライン」は攻めているつもりです(笑
 
それでは、題しまして「愛すべきNBA解説者たち」です。

 
ここではNHKのNBA中継に出てくる解説者のみなさんを紹介します。紹介といっても経歴などを羅列したってしょうがない(というか、調べるのがめんどくさいというハナシも)ので、僕が中継を観ていて感じるそれぞれの「解説の特徴」を書いてみることにします。もしかしたら他の解説者と混同している場合があるかもですが、見つけた場合は優しく指摘していただけると幸いです。いや、わかる人はそういないと思いますが…
 
 
島本和彦島本和彦(しまもとかずひこ)
重鎮。たまにゲストで出てくる。プレーの解説は一切せず、選手のプライベートネタ&昔話で攻めまくる。「○○のお父さんも見ていましたけど、やっぱりシュートフォームなんかは似ているところがありますね」とか「△△は□□大学出身ですけど、初めてそこでプレーしたとき▽▽だったからそれからしばらく☆☆と呼ばれてた」とか。
 
倉石平倉石平(くらいしおさむ)
北関東方面なのか、それとも東北方面なのか、ちょっと言葉のアクセントがユニーク。「今の動きなんかすごく速いですねぇ」の「すごく速い」の部分が「→↑→→→↓」という感じ。基本的には冷静に解説しているが、スーパープレーが続くと昔の漫画に出てくるイジメられっ子が「やめてくれよぉ」と言っているときのような口調になりがちなのが玉にキズ。
 
北原憲彦北原憲彦(きたはらのりひこ)
「UCLAカット」「ポストポスト」「チェンジングディフェンス」等々、横文字の専門用語で煙に巻く解説が得意。一応、その後に丁寧に解説してくれるが、聞く側としては(プレーに)名詞の概念があるだけで何か安心してしまっているのが危険だ注意しろ! 「あー、○○ねー」みたいな感じで後の解説を聞き流していると、いざテストに出たとき答えられない。
 
奥野俊一奥野俊一(おくのしゅんいち)
「このリバウンドだ!」「○○いくべきです!」「いやー、△△ヘッドコーチねー、ここはタイムアウト取ると思ったんですけどねー」と、コーチ(監督)目線での解説。次のプレーの予測をしてくれたりもするが、これがけっこう外れる。そのため彼の解説を嫌う人も多いが、そこを逆手にとって解説にツッコミつつ観戦するのも面白いのではないかと。
 
河内敏光河内敏光(かわちとしみつ)
「今のわぁ↑、○○がぁ↑、インサイドにぃ↑、入ってきたのでぇ↑、ディフェンスがつられてぇ↑、逆サイドがノーマークでしたね↓」「…はぁい」など、独特の言い回しがある。とはいえこれは初心者にもわかりやすいようにわざと強調して、ゆっくりと喋っているんだ。きっとそうに違いない。
 
塚本清彦塚本清彦(つかもときよひこ)
解説者の中では若手。「うわぁ!」「今のはしょうがないですねぇ」「これはもう忘れるべきですねぇ」など、なかなかあきらめがいい解説。これは暗にバスケットボールというスポーツそのものが「切り替え」が大事なスポーツだということを教えてくれている。他は基本的にはかなりわかりやすい。
 
中原雄中原雄(なかはらたけし)
「あそこまで入られたら、どーしょもないですねー」などなど、塚本氏と年齢が近いこともあってか、かなりキャラがかぶっている。エース級のプレイヤーに対し「そろそろぉ… ノッてきたんじゃないですかねー」など期待を込めた発言をすることが多く、応援しているチームの試合では心強かったりすることもあったりなかったり。
 
北舘洋一郎北舘洋一郎(きただてよういちろう)
NHKのNBA解説は、今でこそ真面目にやってはいるが昔は酷いものだった。プレーそっちのけで雑談しているととられてもおかしくないレベル。しかし、「通」にとってはそのくらいが非常に心地よく聞こえるものだ。そんな古きよきNBA解説の面影を残し、島本氏の正統後継者となるべき存在がNBAライター・北舘洋一郎その人なのだ。
 
 
と、こうして見ると塚本=中原、北原=倉石、河内=奥野、そして島本=北舘と微妙にキャラがかぶっているのがわかります。これはおそらく、NHKが意図的にそうしているのでしょう。ひとりひとり順番にローテーションさせることは難しいので、キャラごとにローテーションさせたりしているのかと… いや、ちゃんと調べてないんで確証はないですが(苦笑
 
というわけで、もしNBAを観る機会がありましたら、解説者のキャラクターにも注意してみると「解説の聞き方」がわかるかもしれません。が、やはりスポーツ観戦の基本は「自分の感性で判断すること」です。特にNBA解説の場合は話半分に聞いておくくらいのスタンスであった方が、いろいろと楽しめるかもしれません?(((  ̄∇ ̄)

comment

>海外旅行に畳持参さん
島本さん知ってますか(( ̄ロ ̄;)
この人は解説者というかただのNBAマニアですね(笑

> 置き換えれば
でもやっぱバスケはマニアック過ぎる( ノД`)
  • りょ @ 2006-11-25 14:17|
  • edit
>stepさん
ちょうどいいことに今日、中継がありますねー( ・∀・)ニヤニヤ

> MLB
細かいキャラまではわからず( ノД`)
  • りょ @ 2006-11-25 14:16|
  • edit
島本さんは名前はなんとなく知ってるかな~って感じです。
こういう視点の記事大好きです。オタク心をくすぐられます。
これはNBAに限らず、読んでる方の好きなスポーツに置き換えれば
誰でも共感できる記事ですよ。これからもこういうのをお願いします。
  • 海外旅行に畳持参 @ 2006-11-25 11:36|
  • edit
うはっ、全然わからん(笑)

>スポーツ観戦の基本は「自分の感性で判断すること」
超同感です。

興味があったらMLBの解説者達特集お願いしま(  ̄∇ ̄)
  • step @ 2006-11-25 09:39|
  • edit

trackback

http://gtmk2.blog80.fc2.com/tb.php/39-2d897b44

prevtopnext

recent

comment

link

category

archive

profile

powered by FC2